スランプから抜け出す6つのクリエイティブ・シンキング

Source

どんなデザイナーにも、クリエイティブなアイデアが浮かばない時がある。本記事ではスランプから抜け出すヒントとなる6つのクリエイティブ・シンキングを紹介する。

1.著作権フリーの画像からインスピレーションをもらう

flickr screen capture of bicycles

朝寝坊した。目がきちんと開いていない。頭は空っぽ。何もないところからアイデアが出てくるよう期待するのは、自分にプレッシャーをかけ過ぎだ。心配ない。インターネットが助けてくれる。

次回スランプに陥ったら、Flickrか他のパブリックドメインのデータベースで、著作権制限のない画像を見ていくといい。ひらめきを沸き起こそう。脳細胞や脳細胞を喜ばせるものに耳を傾けよう。仕事中などということは忘れて、ストレスのない、想像の世界に入って行こう。

2.既存のものからオリジナルのコンテンツを作る

fun2

上の例では、Photoshopのフィルタ>ピクセル化>結晶化の機能を使った。簡単だったが、とてもおしゃれなものが出来上がった。ブランド・アイデンティティの背景のテクスチャかポスターのベースになりそうだ。私なら、シンプルなタイポグラフィのセットを白で重ねてみる。あるいは、上にさらにテクスチャを重ねるのもいいかも知れない。

3.使用可能なデジタル効果とフィルタを全て試す

bicycle sketch process

もしPhotoshopの結晶化の機能がいまいちだったら、フィルタを試してみよう。Illustratorでも同じことが言える。これは、必死に頑張らなくても、たくさんの視覚的効果が生み出される楽しい練習だ。

上の例では、Photoshopのフィルタ>アーティスティック>カットアウトを使った。新しい画像はなんて魅力的なんだろう! 自転車のシンボルかロゴのアイデアになるかも知れない。

4.コンテンツを壊してみる

slice text
Manual Creative

スランプに陥っている時は、何かを足すよりも、何かを取り除くことを考える方が簡単であることが多い。次の楽しいクリエイティブ・シンキングの練習は、シンプルな単語から始め、その断片を切り落としていく作業だ。少しだけ頭を使う必要があるが、面白い結果が得られる。

angular text

上の例は、Illustratorで作ったものである。「angular」という単語の上に、見えない白の長方形を幾つか重ねてあるだけだ。デザインのために、他にどんな破壊的手法がとれるだろうか? パターン、写真、カラースキームだろうか?

5.とにかくコンテストに応募する

Enter 99designs contests

6. デザイナーのブログから学ぶ


The Creative Edge

まとめ

あまりクリエイティブな状態ではない時、自分にプレッシャーをかけ過ぎないこと。世の中にはヒントになるリソースがあり、そのうち少しずつ豊かなクリエイティブの流れに向かって進むようになると信じること。


▼99designsのデザイナーブログをもっと読みたい方はこちらからデザイナー登録!
http://99designs.jp/designers