気候変動の芸術表現 – 科学、デザイン、楽観主義に関するMITリサーチャーへのインタビュー

Source

IDEOデザインディレクター・ビジネスデザイナー

木曜日の夜のAsian Art Museumだった。黒い風船がメインイベント会場へと続く大階段の頭上を舞っている。Perennial RestaurantのオーナーであるAnthony Myint氏とKaren Leibowitz氏の主催する夜の展覧会の目的は、参加者に食べ物や飲み物、それらが与える環境への影響について考えを巡らせてもらうことだった。


食べ物、飲み物、気候変動に占領された木曜日夜のAsian Art Museum

天蓋の黒い風船は炭素排出を象徴している。その下を通るとき、紐を引っ張れば風船が割れる仕組みになっている。これは、ちょっとした行動で世界の二酸化炭素排出量を削減できるというメッセージを送っている。要は、個々の決断が累積し、大きなものへとつながるのだ。

このような参加型の展覧会の考案者は誰なのか。MITリサーチャでありIDEOレジデントのAni Liu氏である。

MITのMedia Labで修士課程に在籍するAni氏はアーティストでありテクノロジストである。彼女はIDEOのFood Studioでひと夏を過ごした。美術と建築の経験がある彼女は、科学という全く新しい媒体に刺激を受けていることに気づいたと言っている。不思議な多様性がある奇妙な交差点が彼女の研究の基礎となっているそうだ。彼女はこれを「空論の物語」と呼ぶ。彼女はIDEOでフードデザインに対する取り組み方を学び、彼女は科学と美術に対する独自の視点でひらめく方法を教えてくれた。

彼女にこの展覧会の製作について、そしてこれから学べることは何か聞いてみた。


Ani氏が初期のプロトタイプをボトムアップ視点で確認

—— 最先端の科学と技術で働くことは刺激的なことだと思います。それらの可能性を見たり考えたりできるだけでなく、どのように世界に影響を与えるかを理解することができるのではないでしょうか?。科学と技術には類似点はありますか?。

Ani氏: もちろん。技術の感情的・社会的可能性に焦点を当てて取り組んでいます。でも、人がどのようにロボットに置き換えられるかや、どのようにアルゴリズムで定義するのかを考えるのではなく、より人間らしくなるために、技術を駆使すれば人間を本質的に理解することができるのではないかと考えました。展示物においても同じように、気候変動で圧倒するためでも、人間がいかにちっぽけかを知らしめるためでもありませんでした。

—— 気候変動はとてもシリアスなテーマであり、人を圧倒するし、率直に言ってかなり恐ろしいことですね。あまりにも規模が大きいため、個人レベルで何をやっても無駄な気になってしまうと思います。どのようなことを展示で表現したのでしょうか?

Ani氏: このように巨大な問題に立ち向かうには、個人レベルでも貢献できることを理解してもらう必要がありました。問題が大きすぎるとくよくよ悩むのではなく、やれることはあると実感できる必要があります。ここで強調したかったのは、集団レベルで行動すれば大きな影響を与えることができること、些細なことでも実行することに意味があるということです。

—— 展覧会の制作の際、他のデザイナーとの共同作業もあったと思うが、他のIDEOデザイナーと仕事をしてみた感想はいかがでしたか?

Ani氏: 優秀な人のサポートがあると分かっているだけでとても安心できた。自分の持っていた自信と、チームを信じても裏切られるのではないかと感じた恐怖は同じくらいだった。関与するのをやめ、一部を他人に完全に任せてしまうのは初めての試みだったが、反対にそうしたことでさらに良い結果を生んだと思います。1人では作れなかったし作らなかったものができたと思います。

写真: IDEOフードデザイナーDanny Brooks氏