近くに行ったら立ち寄りたい、世界のユニークなコーヒースタンド5選

Source

カリフォルニア発・旅好きのためのトラベルソースメディア
https://flyingyak.com

コーヒースタンドが「モノ化」したのはいつからだろう。ノマドやリモートワークが一般的になり始めた頃からか、あるいはスターバックスが世界中で爆発的に広まり始めた頃からか。
いずれにしても話題になるコーヒースタンドとなるには、いくつもの厳しいチェック項目をパスする必要がありそうだ。お洒落で可愛い店内、専門的な訓練を受けたバリスタ、世界中から厳選された、高品質で採れたての新鮮な豆、という具合だ。

今回の記事では、それら厳しいチェックをクリアした、世界でもお洒落でユニーク、時には奇怪にも見えるコーヒースタンド5店舗をご紹介したいと思う。次の旅行に向けて是非チェックしておいてほしい。

1. シドニー

The Grounds of Alexandria
インテリアマガジンからそのまま飛び出してきたかのようなこのお洒落なコーヒースタンドは、そんじょそこらのコーヒースタンドとは訳が違う。1900年代初頭に建てられた、倉庫やパイ工場をリノベーションされた建物には室内の他に屋外のテラススペースもあり、提供されるコーヒーと料理の質はトップクラスだ。そしてユニークで最高の一杯を提供するために併設された「コーヒーアカデミー」の知見がバリスタに行き届いている。


The Grounds / Instagram

2. 香港

The Coffee Academics — CAUSEWAY BAY FLAGSHIP STORE
ゴージャスな建築とこだわりの内装デザイン、香港では珍しく広い店内、そしてユニークなコーヒーフレーバーがこの勢いのあるサードウェーブコーヒーショップの特徴だ。黒コショウに粉末スパイス、ガムシロップの組み合わせなどを頼んでみてもいい。Coffee Academics(コーヒーの研究)の名の通り、様々な繊細なコーヒーの違いから、面白みのあるフレーバーの組み合わせまで、自分好みの朝の一杯について研究してみるのはどうだろうか。


The Coffee Academics / Instagram

3. ナッシュビル

Barista Parlor
このコーヒースタンドもスペースが素晴らしい。昔は自動車変速機の工場だった建物が、今では軽食を取るのにうってつけの美しい場所に生まれ変わった。レザーと蝶ネクタイを身に付けたバリスタ、ヴィンテージアート、有名なミュージシャンのパトロンたち。さすがに音楽の街、ナッシュビルと言うだけあって常連客にはBlack Keysのヴォーカル、Dan Auerbachも名を連ねる。ショップの2店舗目「Golden Sound」はそのDan氏と提携して生まれたショップだ。


Barista Parlor / Instagram

4. 韓国

Dreamy Camera Cafe
ローライフレックスの中でコーヒーなんてどうだろうか。この夢の世界のようなカフェは、訪れた人々が互いに夢を語れる場を作りたいと、韓国人夫妻が作り上げた。中に陳列されたトイカメラや、クラシックカメラを眺めて帰るだけでは勿体無い。普段口にする事のない、夢をシェアしてみるのもいいんじゃないだろうか。


Design Boom / Facebook

5. ロンドン

The Vintage Emporium and Tea Rooms
イーストロンドンにひっそりとたたずむこのカフェは雨宿りに最適な場所だ。1階ではコーヒーと紅茶を、地下ではアンティーク商品の数々を、店内で流れるレコードの音楽と共に楽しむことができる。インスピレーションを求めて、隠れ家として、あるいは午後のひとときに昔を懐かしみに訪れてみてはいかがだろうか。

※残念ながら閉店してしまったようだ。


Miss Patina