99designsでデザインビジネスを成長させる4つのポイント

Source

99designsのコンテストで入賞したら、続いて、もっと多くの仕事を確保するためにできることがある。本記事では獲得するプロジェクトを増やしてクライアントと長続きする関係を築くために役立つ、マーケティングの4つのポイントをご紹介しよう。

たいてい、デザイナーは10人のうち9人はマーケティングに乗り気ではない。デザイナーはサービスを「売る」のが嫌いなのだ。それよりも、クライアントに覚えられて、クライアントの方から自分のデザイン品質を求めて連絡してきて欲しいと思っている。

それは立派な姿勢だし、そういう受け身のアプローチにはお金を使えるのかも知れないが、それではデザインビジネスを繁盛させるのは難しい。

1. 見込み顧客を捕まえる


99designsでは1500以上のクライアントがデザイナーとの連絡を待ち望んでいる。

どんなビジネスでも、難しいのは新しい潜在顧客を見つけることだ。どこに、どんなクライアントがいるのか。その答えが分かったら、見込み顧客、つまり自分が提供できるデザインに興味を持つ人々のリストができあがる。

見込み顧客を取り込むための伝統的な手法は、自分のサービスを必要とする人々が(願わくは)電話してきたり、ウェブサイトを訪れたりしてくれるように、販促・宣伝することだ。この手法は一般的には効果的だが、多くの費用がかかる。

別の手法は、要領よく、99designsのようなビジネスが生み出す見込み顧客を使うことだ。

こう考えて見よう。99designsは販促と宣伝に大金を費やして、デザインサービスを必要とする何百ものクライアントを誘い込む。そして、その何百ものクライアントがお皿に盛られて、あなたに差し出される。条件はただ1つ、デザインコンテストに参加することだ。

言うまでもなく、99designsが提供する最大の価値は賞金ではなく、何百もの潜在的な新規クライアントとの繋がりだ。

マーケティングの第一歩は簡単。コンテストに参加し、クライアントと知り合い、Eメールと詳細の連絡先を交換しよう。連絡先は宝物になる(特に、自分が入賞したコンテストでは)。ここからは、その宝物の使い方を説明する。

2. 存在をアピールし続ける

mailchimp
Mailchimpは、クライアントにニュースレターとEメールアップデートを送るための優秀な無料ツールだ。

「去る者日々に疎し」と、ことわざに言うが、これは真実だ。クライアントへの連絡を怠ると、忘れられてしまう。

だからクライアントに定期的に連絡することが大切なのだが、強引だと思われたり、飽きられたりしないように、必ず妥当な理由が必要になる。

ポートフォリオの更新やコンテストへの入賞など、デザイン実績に重要な変化があれば、それは、クライアントにメールして最新情報を伝えるための立派な理由になる。デザイナーからのニュースレターは喜ばれるものだ。誰だって、一息入れて素敵なデザインのポートフォリオを眺めるのは好きだからだ。

ニュースレターはまた、あなたをプロフェッショナルでビジネス手腕のある人として見せるので、評価が高まり、クライアントと親密な関係を築くことができる。

頻度は平均で2週間ごとにメールを送ると良いだろう。MailChimpのような専門のニュースレターサービスを使えば、月に12000通のメールを無料で代理送信してくれるし、メールを自分でデザインすることもできる。

3. 客単価を上げて1-to-1プロジェクトを使う


1-to-1プロジェクトは客単価を上げる目的に使える優秀なツールだ。クライアントは、使い慣れた環境では追加作業にお金を払いやすい。

「ご一緒にポテトはいかがですか?」とファストフード店で必ず耳にするが、これには理由がある。ポテトを提案することによって、お客の食事をランクアップする選択肢を示すだけでなく、注文の総額を引き上げるためだ。

客単価の引き上げは、デザインビジネスに導入できる非常に重要な1つの改善策だ。あなたを信頼してデザインを購入してくれているクライアントに追加サービスを提案することによって、追加受注を獲得する機会を増やしつつ、クライアントとの関係を深めよう。

客単価を引き上げるためのアイデア

  • ロゴデザインのコンテストに入賞したら、名刺やフライヤーのデザインを提案しよう
  • ウェブデザインのコンテストに入賞したら、ファビコンやFacebookのカバーページ、Twitterの壁紙のデザインを提案しよう
  • パッケージデザインのコンテストに入賞したら、Tシャツのデザインを提案しよう

どんな組み合わせで追加サービスを提供してもよいが、客単価の引き上げは元のプロジェクトの素敵な副産物であって、それ自体が大きなプロジェクトにならないように気をつけよう。

コンテストに入賞したときにクライアントに送るメッセージの例

_____様

このプロジェクトに関わらせていただきとても光栄です。プロジェクトをさらに充実させるために、名刺とフライヤーのデザインを特別価格¥_____でご提案いたします。99designsではこのような追加デザインを1-to-1プロジェクトで簡単に注文できます。是非ご一考頂ければ幸いです。

4. 成功を測る

measure
写真:Jeff Sheldon(unsplash

測定できるものは管理できる」とは、有名な経営学者、ピーター・ドラッカーの言葉だ。

この言葉は全く正しい。99designsを利用して確実に最大利益を得たいのなら、クライアント-コンテスト比の測定を始める必要がある。

測定は簡単にできる。関係を築いたクライアントの数を、入賞したコンテストの数で割るだけだ。
例えば

  • 99designsを通じて知り合ったクライアントの数:2
  • 入賞したコンテストの数:10
  • クライアント-コンテスト比:2:10(20%)

これを見れば、マーケティングがどれぐらい効果を発揮しているか、また、あなたが99designsを通して知り合ったクライアントとどの程度うまく繋がっているかが分かる。

マーケティングのヒント

todo
写真:Pexels

優れたマーケティングとは、迷惑で強引な人物になって皆に嫌がられることではない。優れたマーケティングは逆に、自分に何ができるか、どうやってクライアントの役に立てるかを示すことに関わる。

始めるのは簡単だ。クライアントの連絡先に月に2回、ニュースレターと最新ポートフォリオを送り、コンテストに入賞したときに追加サービスを提案するだけでよい。時々は、クライアント-コンテスト比を測定すると、99designsをうまくマーケティング目的に使えているか確かめることができる。


▼99designsのデザイナーブログをもっと読みたい方はこちらからデザイナー登録!
http://99designs.jp/designers